SNSで女子大生をひっかけた話

SNSで女子大生をひっかけた話

私が大学生の時にSNSを使って知り合った女子高生と実際に付き合った事があるので、その体験談をまとめていきます。

 

私は高校生の時から頻繁のSNSを使用して女の子と知り合い様々な関係を築いてきたのですが、大学生になり少し落ち着いてきたのでゆったりとした付き合いがしたいと思ってSNSで女の子を探しました。

 

狙い目はそこまで可愛くない女の子、具体的には可愛くない訳では無いのだけれどもどこか目立つコンプレックス、少し出っ歯だったりおでこが大きかったり目が細かったりといったそういう女の子をまず探す事です。

 

実際に私が知り合った女子高生は確かに一般的には可愛い部類に入りますが、目が細く声が低い女の子でした。音楽の趣味が同じだったので話題が尽きる事が無く、そのまま連絡先を交換して日々やり取りを重ねて行き、たまに夜中に長電話したりしながら関係を深め、そして仲が大分良くなった時点でデートに誘ってみました。

 

デートと言っても大したものではなく、ただ二人で会って食事に行くだけのものでした。

 

そこで初めて対面した私達でしたが、事前にお互いの顔を知っていたので特に新鮮な感じもなく、それまでの関係の通りに仲良く会話を楽しんだ後に正式に告白をして付き合う事になりました。

 

会う前のやり取りの段階から既にカップルのような会話をしていたので告白したら了承してくれることもわかっていました。

 

しかし、問題は付き合ってから起きるものでして、SNSで知り合って実際に私と特に抵抗も無く会ってしまうような彼女は、私と付き合っている最中でも他の男性とSNSで知り合っては直接会うという事もあったので、そこら辺のガードの緩さがだんだん許せなくなって私達の付き合いはそう長くは続きませんでした。

 

この事から、やはりちゃんとした彼女を作る時はネットでの出会いなんて利用するもんじゃないと思いました。